トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

TOEIC高得点はなんの意味もない?

僕は3年英会話講師をやってきているので、新しい生徒さん、または体験レッスン希望の方に会って、その方に合ったレベルを決める「レベルチェック」なるものもやります。

ざっくり言うと、その方と15~20分話して、どのくらい話せるのか、どのくらい話し慣れているのか、ボキャブラリーや慣用句を忘れたか知らない場合どのような回り道をして意思を伝えようとするか、文法がどのくらい正確か、その文法が普通使われるであろう状況ですらっと出てくるか、聞き取りがどのくらいできるのか、また聞き取れなかった時にどう反応するか、英会話を上達したい理由はなにか、等色々なことを見て、その人に一番合いそうなレベルを決めています。なので、レベルチェックに行く前にこうこうこういうことを聞かれるので、こうこうこういうことを予習すれば高レベルになれる、ということはありません。

で、受講希望の方と対面する前に、受講の理由がなんであるかとか、TOEICは受けたことがあって、点数はどのくらいか等を事前に教えられることがあります。

前から思っていたのですが、TOEICの点数が高いからと言って、英語がぺらぺらにしゃべれるわけではないんですね。たとえば受講希望の方について、事前にTOEIC700点だと知らされます。すると、大抵TOEIC700点くらいの人は中級~中級後半なので、そのくらいのレベルかな~と思ってレベルチェックを始めに「Hi, How're you doing?」と言いながら教室に入ります。

するとすでにこの時点でカッチコッチに固まってらっしゃる。うちの英会話教室では、英語以外は話してはいけない決まりになっているので、何回か聞きなおして、やっと「Oh, I'm fine thank you」と返ってくる。で、着席後、レベルを見るために質問を次々と投げかけていきます。しかしひとつの質問に対する答えを声に出すまで、数秒の間がある。その数秒間でなにかぶつぶつ日本語で言っている。ものすごくゆっくりですが、比較的正確な文法で答えが返ってきます。明らかにしゃべり慣れてない感じです。ためしに、答えるのに難しめの文法を使わないと他に答えようのない質問をします。・・・ゆっくりですがきちんと返ってきました。緊張のせいか、少しミスも含まれていますが、言っていることはちゃんとわかります。

結論:TOEIC700点は文法をひたすら暗記して、式を当てはめる要領でゲットしたのではないでしょうか。こちらが問いかけたことを、一文字一文字日本語に訳して、意味を理解した後、今度は言いたいことを一文字一文字英語に訳してゆっくりゆっくり伝えている。

これは会話力があるとは言えません。会話が二人の間で一往復するのに1分ずつかかっていては、会話とは言えません。TOEICの高得点を持っていても、このような方の場合は英語の面接に行ったら一発で落とされますね。

しかしこういう方は自分の弱点を自覚しているからこそ、英会話教室に通おうとしているんですから、すばらしいことです。こういう感じの、ある生徒さんに受講の理由を聞いたら、用意していたっぽい感じの英語で、熱心にこう答えてくださいました:

今は英語全然うまくないけど、将来英語のエキスパートになって外資系の会社に転職してやるんだ!」

彼のレベルチェックをして早4ヶ月。レベル1からはじめた彼は、その熱い闘志で予習復習、宿題もしっかりやって、授業中に質問(もちろん英語で)をしまくり、今まではその会話スピードの遅さが原因でウケなかった彼のジョークも、たまにさらっと出てきて先生の僕も笑うようになりました。会話スピードが上がった分、1レッスンで聞ける彼の話が増え、実はそうとうおもろい人間だということが最近わかってきました。彼が、週末はほとんど友達に誘われてどっかに遊びに行く、と言っていたのもなるほど、うなずけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

think out loud

今日英会話の生徒さんと話していて、たしかにボキャブラリーを増やしたり、文法や慣用句を正確に使うのも大事ですが、「think out loud」っていうのも大事だなと言う結論に達しました。

「think out loud」というのは日本語でいうとなんでしょう・・・直訳すると「考えてることを声に出す」ってことなんですが、たとえば今書いた「日本語で言うとなんでしょう・・・」っていうのがいい例です。英語でこれを言うと、「what's that in Japanese...」になります。

大抵英語圏の国に住んだことがある生徒さんはこの「think out loud」を英語で、意識的に会話にはさんできます。なぜなら、英語圏の国に行ってこれができないと、実際に会話に支障が出てくるからです。

たとえば、ジョン君(仮名)がみち子さん(仮名)にこう問いかけたとします。
「Michiko, what are you doing this weekend?」=「みち子今週末はなにすんの?」
で、みち子さんが聞き取りはできて、「週末は特に予定はないけど、たぶん彼氏とどっか行くわ」と言いたい、というところまで考えたのですが、どうやって英語で言えばいいか今まさに考えているところだとします。

しかしここでみち子さんが、「・・・」と考えている間だまってしまったり、日本語で「えーっとえーっと」って言い出したとします。日本語がさっぱりなジョン君からすれば、「みち子今の聞こえなかったのかな?わからなかったのかな?Aittoってどういう意味やねん。言い直してあげたほうがいいかな?」と色々考えてしまった挙句、

選択肢1:違う言い回しで聞き直す=「Any plans this weekend?」
選択肢2:Aittoってどういう意味か聞いてみる=「Wait wait wait, what do you mean by "Aitto"?」
選択肢3:「買い物でも行くの?」と、例を出しながら聞いてみる=「Are you doing any shopping?」

の、どの行動をとってもおかしくはありません。さらに違う質問を投げかけられることによって、みち子はまた一から聞き取る→答えを考える→英語でどういうか考える→「・・・」or「えーっとえーっと」→ジョン君から新たな質問→聞き取る→答えを考える→英語でdエンドレス。

ということで、「think out loud」を実践しましょう。

ジョン「Michiko, what are you doing this weekend?」
みち子「Um....Let's see...」
ジョン「(待ち)」
みち子「How can I say this.... I don't have any plans for this weekend, but....well... I guess I'll probably go somewhere with my boyfriend.」
ジョン「Great! Sounds like a nice weekend.」

青くなってるとこが、みち子が「think out loud」した箇所です。では、代表的な例をいくつか挙げるので、どっかで使ってみてください。

1.えーっと = 「Um...」「Let's see...」「Well...」
2.どう言えばいいんだろ = 「How can I say this...」「How do I say this...」
3.なんだっけ = 「What was that...」
4.どこだっけ = 「Where was that...」
5.まあ = 「I guess」 例: まあたぶん彼氏とどっか行くわ = I guess I'll probably go somewhere with my boyfriend
6.(考えるので)ちょっと待ってね = 「Let me see....」「Give me a sec」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

また買っちまった「四季庭」

こないだ美文字トレーニング買ったばっかだと言うのに今度はPS3の四季庭という1500円のゲームを手に入れてしまいました・・・楽しく遊んでしまいました・・・・

どんなゲームかというと、自分の庭に木や花を植えたりして飾って写真を撮る。それだけです。たまに「動物が遊びにきます!」的な演出がありますがそれはあってもなくてもげふごふぐふ

とにかく、僕は植物などに関しては完全に無知なので、多種多様な植物が出てきても僕の思考はチューリップを見た時点で止まってました。しかし親切なことに植物ひとつひとつに説明が書いてあるじゃないですか!ちょっと勉強になりました。めんどいけどだいぶ読みました。知識を蓄えないと全くゲームが進まないから。・・・小さい頃からこうやって雑学に強くなっている気が否めません。

ちなみにこんな写真が撮れます:

Shikitei_photo_1 Shikitei_photo

Shikitei_photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

いい天気なので衣装ショッピング

最近全く買い物に行ってなかったのですが、今日は休みを取っていて、なおかつこのナイスお天気(晴れで最高気温28度)だったので、玉川高島屋へ行ってまいりました。今度のライブ用の衣装にできそうなシャツや、英会話を教える時に着れそうなジャケットなどをゲットするため。

渋谷や新宿はお店の数が多くて便利ではあるのですが、人が多いためか必ずへとへとになって帰ってきます。その点玉川高島屋は混雑していることもあまりなく、のびのびと過ごしやすく、小さい頃から地元ということで、好きです。

地元でさらにこの陽気なので、気を抜いてポロシャツ、半ズボンにビーチサンダルで行ってしまいました。そして地元でこの陽気なせいか30分間くらいで50000円分くらいぱーっと服を買ってしまいました。そして地元でこの陽気のせいかその足でデパ地下で恥ずかしがりながらケーキをホールで買ってしまいました。そして地元d(略)その帰りにスタバに寄って「バニラクリームフラペチーノ」というチャラい飲み物を買ってしまいました。

P_brewed_frappuccino_08_3   

2年間くらい通っていつもは「本日のコーヒー」しか頼まないスタバなので、顔を覚えられてる店員さんに「なにこいつ調子こいてバニラクリームフラペチーノなんか頼んでんだキモーい」とか思われないかという完全に自意識過剰ないらない心配をしながら心臓バクバクでオーダーしました!おいしかったけど最後のほうはもうホイップクリームを吸ってるだけで軽くオエっとしましたもう二度と頼みませんおつかれっす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

美文字へ

今さら感が否めませんが、ニンテンドーDSの美文字トレーニング、買いました。

Thumb_st87_2

発売から3ヶ月くらいちょこちょこTSUTAYAに行ってたのですが、いっつも売り切れ。なので昨日売り切れのタグが貼られてない箱を見た次の瞬間レジにいました。

おもしろいっす!最初自分の名前を書いてどのくらい美文字か測定されるのですが、僕と僕の彼女と僕の友達の三人で試して、みんなそろって「中の中」レベル。ですが昨晩練習を重ね、今朝さっそくまた測定した結果、「中の上」に!

おそらくすぐ「上」レベルまでいけるのですが、最高の称号「特上」は果てしなく遠いっす。自分の文字がちょっとずつきれいに見えてくるので、楽しいです。

自分すごいなぁもう天才じゃね?とか思えてくる僕みたいな痛い人間は特に楽しめると思います!そうでなくても誰でも楽しめると思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

台湾のおいしいあんなものやこんなもの

僕半分日本人で半分台湾人なんですが、台湾に住んだことはありません。3回行ったことがあるくらいです。なので台湾にまつわる大した思い出もないのですが、唯一台湾いいなーと思う点はやはり食べ物っす。

台湾のマンゴーははっきり言ってうまいです。日本では価格も安く、輸入しやすいせいかフィリピンマンゴーが多いですよね。フィリピンには申し訳ないですがあんなん比べ物にならないくらいおいしいです。小さい頃は台湾に住んでいるおじいちゃんおばあちゃんに送ってもらってはありがたくいただいてました。

んで今日仕事で教えてた生徒さんがよく出張で台湾に行くと仰ってました。そして取引先の会社からたまに台湾マンゴーを大量にもらうそうですうらやまC!!!!!!!!負けた気がした。授業料いらないんでそのマンゴーをちょっとこっちにkdshntongsms

あと台湾でおいしかったのは、一般家庭で朝ごはんによく食卓に出てくる油条(ようてぃぁお)。揚げこんなんっす↓

W020060726341966400895_2 揚げたてはハンパないっすよ。横浜の中華街で食べたのは全然揚げたてじゃなくてなんかちょっと硬かくておいしくなかったです。

これを豆乳につけて食べるんですが、台湾のおじいちゃん家で出てきた時、他の皿には全く手をつけませんでした。これだけ何本も食べてましたね。

台湾では朝5時とかから油条屋さん開いてるそうなので、ホテルを朝抜け出して買って食べてみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

グリコ珠玉チョコ

4901005129450

おいしいっす、これ。200円くらいと、ちょっと高めですが、濃厚なお味。粒ソルト入りの、糖分と塩分が同時に過剰摂取できるすぐれものです!僕は買って7分以内に胃袋に全て収めることができます。

仕事の日は大抵これが朝ごはんになってしまいます・・・健康によくないっすね・・・でもオススメです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

初回でドアラ

初投稿にも関わらずいきなり他人様のことを書いてしまいそう。

だって遅ればせながら中日のキモカワ・マスコット、ドアラ様にハマった!

ネットでドアラ様の動画を検索すればYouTubeなどの動画アップロードサイトでたくさん見つかると思いますが、必見です。毎晩でも必見です。毎晩なにかしらドアラを目に入れてます。彼を観るととにかく癒されます。そしてひとつドアラ動画を見てしまうともう止まりません。英語ドラマなみの中毒性。

まだドアラを知らないと言う人はとりあえずこの二つを観ておけば間違いNAY!!





エンターテイナーとして激しく尊敬しています。ペナントレースの行く末を案じている熱狂的野球ファンの方には大変失礼なことだとは思いますが、ドアラを観る為だけに中日戦のチケットをいつ購入しようかと真剣に検討中。ドアラを撮る為だけにデジタルビデオカメラを買おうかどうかを真剣に検討中。ギターの練習に費やすべきだったこの2時間を完全にドアラに持ってかれて近所迷惑を承知で夜中に練習すべきか真剣に検討中。

これからもちょこちょこドアラ動画紹介していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年7月 »