« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

火花

僕は子供にも英語を教えるのですが、最近よく教える小3の男の子がいます。

もう最高にかわいいです。普段はおとなしく、口下手な感じなのですが、野球の話題になると途端に英語をしゃべり出す男の子。しかも自分の余りある知識がちょっと恥ずかしいのか、もごもご話すこのかわいさ。この子のクラスでは、普段の授業で教えることを、全て野球に置き換えて教えてます。その日はちょうどWho?What?Where?When?Why?How?の質問の練習だったので、僕が質問する番になったら嵐のように質問をぶつけます。

「Did you see the Olympic baseball games?」「Yeah.」「Which one did you see?」「I saw the Korea-and-Japan one.」「Did Japan win?」「No.」「Why did they lose?」「Because G.G. Sato....」・・・たまーに本屋で「野球で英語をマスター!」的な本が置かれていますが、あれはぶっちゃけ可能です

この子のすごいところは、チーム、リーグを問わず、日本の現役野球選手の名前をほぼ全て覚えていることです。ポジションも背番号もわかるんです。

そしてつい先日の授業で、僕が20日にドアラを観に行ったことを自慢していると、次に行く野球観戦の話になりました。すると、9月3日、神宮でのヤクルト対ドラゴンズ戦を観に行く予定だそうじゃないですか!先生も観に行こうかと思ってるんだよ!

で?どっち側の応援に行くのかな?ん?ヤクルト?ふーんヤクルトは阪神の次に好きだって?ほーうドラゴンズは4番目に好きか。キミとは相容れぬようだね

で?当日どこ座んの?ほーう1塁側?ヤクルトホームサイドだもんね。先生?先生はね、アウェーサイドで一番近くでドアラが観たいから三塁側座るよ。そっから睨んでる人がいたらそれ先生だから。どっちが勝つと思う?アレ?気を使うとかそういうのはまだ学校で習ってなかったか。ヤクルトか。何点差で勝つと思う?アレ?気を使うとかそういうのはまだ学校で習ってなかったか。7-2?こっちめっちゃ打たれてるね。来週が楽しみだねぇはっはっははっはっはっは

男の子はクラス終了のチャイムが鳴ると、うふふと笑いながら教室をとことこ出ていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

勝ち組

ゲリラライブをして警察に注意されるアーティストがたまにいます。

じゃあゲリラ豪雨は野放しでいいのでしょうか

今日までなぜかちょうど止んでる時に出勤、帰宅時間が重なっていたので、完全に自分が勝ち組であると信じていた、それがいけなかった。今日は傘も持たず思いっきり革靴で出勤。用心深い僕の彼女は長靴を履いて仕事へ行きました。

仕事帰りに一緒にご飯をしたのですが、長靴で遠くから長靴で駆けてくる彼女を見て、「ぷぷっそんなに心配しすぎなくても降られない人は降られないものなのだよはっはっは天気予報なんて当てずっぽうに毛が生えた程度の予想なんだからはっはっはっは」と思いながらレストランに入り窓際で座っていると、あれ?降ってきましたね。しかもこれはかわいくない降り方ですね。傘差しても体6割濡れる勢いですね。さらに雷。結構近い。道路に一瞬にして数多の水溜りができました。

ふと横を見るとふふ、っと得意げな笑みを浮かべている彼女が。はっ!!これが本当の勝ち組!?!?!?

ああ!窓の外でオシャレなハイヒールを履いてる表参道OL達がかわいそうに見えてくる!びっしょびっしょになって帰るんですねお姉さんたち!夏を意識したふんわりした白いワンピースがじっとじとの白くて重い布に変貌するんですね!さっきまでちょっと浮いてた真っ赤な長靴を履いた僕の彼女を見て!すごいでしょ!勝ち組に返り咲きですよ!?

・・・彼女の小さな折り畳み傘に一緒に入れさせていただきました恐縮です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

朝は戦いだ。

8時前に家を出て仕事場に向かう。

電車に乗って、満員電車だからってやたら肩で押してくるおじさんの攻撃を毎晩80回の腕立てで鍛え上げた上半身で受け止め、おじさんに「なんでも自分の思い通りに行くなよ」と微笑とともに教えてやる。そして後から入ってくる人がちゃんと乗れるように、自分のペースで電車の奥へと進む。ふははおじさんめ思い知ったかキサマの力など微々たるものよふははは

15分後に会社の真下のファミリーマートで最近新発売のマンゴーラッシーを探す。今日もあった。このファミマは駅と女子大の間に位置しているため、ちょっと時間が遅いと乙女が好きそうな商品は姿を消す。マンゴーラッシーも例外ではない。朝っぱらから米やパンなどの食物を喉に通したくない僕としてはマンゴーラッシーは救世主だ。ぐいぐい飲んで30秒で完食できる。これでお昼まで腹が持つ。

そして何十人もの女子大生が押し寄せるこのコンビニの、不思議と混まないレジへ。なぜか。

このコンビニには匠がいる。

おそらく正社員であろう20代後半の女性。はっきりした声。無駄のない動き。0.3秒前にはなかったはずのレジ袋が僕の目の前に現れている。レジ打ちは手元でなにが起こっているのかわからないが、手をキーに振りかざしただけで178円という数字がディスプレイに映し出される。そう、指の動きが見えない。速過ぎる。気が引けるくらい速い。こっちが小銭を取り出すのに手間取ってるのが申し訳ないくらいに速い。あ、10円落としちゃったごめんなさいほんとすんません5秒でできるはずのお客様対応が僕の凡ミスのせいで9秒もかかってしまいました悪いのは僕以外の何者でもありませんごめんなさい。

明日こそはマンゴーラッシーを5秒以内に買わなければ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

返してください

高校の頃、文学の時間。

1.シェイクスピアを宿題で50ページ読みます。

2.クラスで先生に読んだ内容について質問、意見をする。

3.イギリスの偉人の言わんとしていた事について思慮し、その頃の時代背景を思い浮かべながら文学の妙を堪能する・・・・

あ、いるはずもない優等生のお話です。

誰が読むかぁぁぁと心の底から思っていた同級生が何人いたでしょうか。宿題の50ページ、10ページずつ飛ばして読んでました。もうおもしろくないとかそういう次元の問題ではなく、何言ってんのかわかりませんシェイクスピアおまえ現代語をちょっと勉強してから出直してこいとか逆ギレ寸前の生徒が何人いたでしょうか。

でそのままお話もよくわからないままちょうどその頃日本に来ていたロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの「ハムレット」の劇を課外授業で観に行かされ、現代アレンジ版だったにも関わらずやはり現代語スルーなセリフに意識を完全に奪われた僕らは、一番最初と最後のシーンしか記憶にありません。

そんな壊滅的な状況で、生徒たちがまともに授業を受けるわけがありません。もう文学の時間は各々好きなことをこそこそやってました。

寝る人、

ペンを回す人、

キーホルダー型テトリスを遊ぶ人、

前の席のアフロに消しゴムのカスを投げ入れる人、

次の時間のテストの勉強をする人、

文学の時間のうちにその日の宿題を全て終わらせようとする人、

寝て机の上によだれの湖を広げる人、

消しゴムのカスを使い果たしてノートの切れ端を丸めて前の席のアフロに投げ入れる人、

ノートの切れ端を丸めて投げるだけじゃ芸がないのでノートの紙で吹き矢を作って丸めた切れ端を前の席のアフロに投げ入れる人、

絵を書く人

P8240212

「ハムレット」と「マクベス」ってお話どっちがどっちだっけっていうかピカチュウとマリオを合成したらどうなるんだろうと考えにふける人、

「ロミオ、なぜあなたはロミオなの」知るかっていうかこの新しいモンスターをルイージと戦わせたらどうなるんだろうと考えにふける人、

四コマ漫画の四コマ目まで描き進めて自分の作品に感心する人、

四コマ目を描き始めようとした瞬間バカの思考の産物を先生に見つかり取り上げられる人すみません先生ほんとごめんなさいそれすっごいがんばったんです返していただけませんかなんてあつかましいのは重々承知なんですがぶっちゃけ返していただけないでしょうかダメですかそうですよねああクラスに公表しないでくださいそれは自分の脳内に留めておくべきでした形にするべきものではありませんでしたやめてもうそれ返してkds

・・・久々に描いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

8月20日横浜戦・ホシゾウ編

あの日の思い出は2ブログエントリー程度では終わりません。

ドラゴンズマスコットの影に隠れてはいたものの、横浜ベイスターズのマスコットたちもいい味出してました。

中でも注目したのはホシゾウ。

彼はドアラに比べると人気がありません。もうドアラ待ちのドアラファンに暇つぶしにサインを求められる哀愁漂うキャラです。

P8200009

チーム内でも、すでにメインのホッシーの他、ヒロインポジションのホッシーナがいるので、マリオかルイージかで言うと確実にルイージになってしまうような片身が狭い状況にあります。

しかし、彼を見て感心しました。その「ルイージ」という特色を生かした振る舞いを見せていたのです!

ベイスターズのホームなのにドアラユニフォームを着た人々で埋め尽くされた会場を見て、終始うつむきながらうろうろ。その日買いたてのドアラうちわで熱い紫外線から顔を守っていた僕の彼女を見て、のそのそ近寄ってきました。ゆっくりとそのドアラうちわを取り上げたホシゾウは、にっくきドアラグッズを噛み壊す暴挙に。

P8200012

もちろん返してもらえましたが、彼のダークな一面(っていうか全面)を垣間見れてよかったです。

その後も彼は自虐的な行為でドアラに対するささやかな抵抗を示していました。

P8200021

ホッシーナも、ドアラに対抗してか、体を張ったセクシーポーズのオンパレードに好感が持てました。

P8200016

・・・がんばれ、ベイスターズ。

試合は強かったZE!(7-4でベイスターズ勝利)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

8月20日横浜戦・パオロン編

あの日の思い出は1ブログエントリー程度では終わりません。

観たものはドアラだけじゃなかったのですから。

パオロン、予想以上のかわいさでした。あんなに制限のある体系なのに一生懸命働いてこの子はぁぁぁぁぁぁぁ

あ、すみません。

P8200033

ドアラが縦横無尽にステージを駆け巡る間、観客から見て右手の方で短い手足を動かし、うごめくパオロン。そんな一生懸命うごめいてこの子はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

あ、すみません。

出ました。必殺技、座り込みです。そうやって現実世界で二頭身を実現させてこの子はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

あ、すみません。

P8200115 

P8200143_2

このショーでパオロンに出会った直後、僕は決めました。この子をパソコンのデスクトップにしようと。もう日替わりでこの子の違う表情を見てやろうと。

ということでたくさんデスクトップ用に写真撮って来たのでみなさんもデスクトップにしたってください。このブログを読んだ方は24時間以内に自分と知人三人のデスクトップをパオロンにしないと・・・・あの・・・えー・・・・・アレだよ・・・・・・もうあの・・・ひどいぞ!

P8200113 P8200039 P8200036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

8月20日横浜戦・ドアラ編

行ってきました。

この日のためだけに買った新たなデジカメと共に。

午後4時半開始のドラゴンズショーをこの眼に焼き付けるために、開始1時間前から陣取りました。もうその頃にはベテラン・ドアラファンの皆様がすでに最前列を確保してらっしゃいました。ホームなのに前座なベイスターズのショーも楽しみましたが、その直後にシャオロン、パオロンが入場し、会場がどよめき始めました。やはり、この会場の大半はドアラ・ファン!今か今かとドアラを待ちきれないみなさんの期待をビリビリ感じました。

P8200027_3

正統派マスコットの二体が出てきて数分後、ついに現れました。女子トイレから現れました。

P8200108

すでに帝王の風格。会場、熱狂。あれ?韓国俳優の空港出待ちに来たんだっけ?と錯覚するくらいの声援。

かかったダンスチューンに要点だけ合わせてあとはやりたい放題の帝王。観客に凄み、ブリッジ倒立、コマネチ、セクシーポーズを決め、曲のど真ん中で女子トイレに駆け込み、決めポーズをするためだけに帰還、観客の女性から日傘をかっさらいレースクイーン的なシャッターチャンス、持参した折りたたみ式椅子で曲中に小休憩、勢いよく踊るチアガールの間をすたすた歩き抜け、会場全体をウィニングラン。もう完全に意味がわからない。

さ、さすが帝王です!これが帝王の所業ですね!

では動きが読めないため撮影するのに大変苦労をしましたが、その中でもまともに撮れた写真をいくつか掲載しておきます。

いや、ほんと普通のマスコットとはわけが違います。シャオロンパオロンは超キュートなのですが、ちゃんと定位置というものがあるのです!!!カメラを向ければそこにいるのです!!!ドアラは!?ドアラはどこぉぉぉぉ

P8200044 P8200119 P8200139 P8200099_2 P8200083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

ピッカピカの一年生

一年生の頃、どんな子供でしたか?

100までの数を使って足し算、引き算ができましたか?

三ヶ国語で世間話ができましたか?

セ・パ両リーグの全選手の名前とポジションが言えましたか?

抜群のタイミングで流行のお笑い芸人のギャグを繰り出せましたか?

英語のクラスで熊の絵を見せられ「What's this?」と聞かれてとっさに「キムジョンイル!キムジョンイル!!」と曇り無き眼で連呼できましたか????

僕はこれらのどれでもなかったです。たまにちっちゃい子に大いに驚かされます。大人にですら、「アイツは只者じゃない」という印象を残せる子は将来が本当に楽しみです。教える側からしても、そういう子供がいるキッズクラスは教えるのが少し楽しみになります。大人のクラスと違って、キッズクラスを教える時は忍耐力が必要ですが、元気をもらいますね。

「子供たちから元気をもらう」とかテレビで言ってる人を見ると、正直「うそつけそんなんきれいごとだぁ!!」とか思ってたのですが、最近は教えた後たしかに元気が出るなと思います。

いや、きれいごとでなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

レスリングの苦い思い出

今日はオリンピックでレスリングやってますね。柔道は技の違いや、何が場外で何が場外じゃないのかとかそこらへん全然わかりませんが、レスリングならルールがちょっとわかります。僕の高校は男子校だったんですが、体育のクラスでレスリングを何回かやらされたのを覚えています。

みんな体重ばらばらなので、体重別とかそんな贅沢なことはできず、友達と組んでスパーリングをしていました。僕はその頃体重が55kg無かった細身(今でも60kgあるかないかくらいだと思います)で、よく組んでいた相手は、70kgくらいの健康的な直径20cmアフロ、いさお君。背丈はお互い180cm(いさお君のアフロを除いた数値)くらいだったんですが、やはり体重差がひどかったので、大抵一方的な試合になってました。

もう1週間一度もいさお君に勝ってない。これはいかんと。レスリング週間が終わってしまう前に、一矢報いなければならないと。そう思った僕は策を思いつきました。

パーテルポジションというのがあって、一方のレスラーが、両手両膝をついた状態、もう一方のレスラーが立った状態からホイッスルと共に開始するルールです。これが僕の唯一のチャンスでした。

Parterre

いさお君がパーテルポジションで両手両膝ついてます。僕には彼を持ち上げる力はありません。ならこの状態からさらに崩してマットに突っ伏せるしかありません。

そこで!ホイッスルが鳴った瞬間、いさお君の左腕を払い、バランスを崩したいさお君に唯一やり方を覚えてた技、ヘッドロック!!!左手と頭の自由を奪い、渾身の力で押さえつける!!左手と頭が動かない状態で、さすがのいさお君も身動きがとれませんでした。しかしここではじめて技を決めた僕に悲劇が。

いさお君のアフロがもっさもっさ顔に当たるんだけど!!!!!!!もうちょっとコレはひどい!!いさお君アフロでかすぎて洗うのめんどいからってコレ確実に昨日洗ってないよ!!!!く・・・くさっ!先生が技入ってるのに気づいてカウント始める前に僕の心が折れそうです!先生早く気づいて!!これ完全にヘッドロック決まってるからでもそれと同時にいさお君のアフロの香りがなんらかの技を僕の嗅覚に決めています!なんでお前はいつもそうやってアフロを有効活用するんだいいかげんにしろ!!先生早く、早くカウントをををををを・・・・・

間に合いました。なんとか自分が死ぬ前にヘッドロックでポイントを取ることができました。もう思い残すことはない、レスリングとはつらいスポーツだ、僕にはとてもできないスポーツだな。そう思いながら、オリンピックを見ていますがんばれニッポン!くたばれいさお!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

NO恋バナ

「グータンヌーボ・・・
  それは・・・女性3人の会話や行動・仕草などから”知られざる女性の生態”を覗き見ることが出来る番組。  MC1人とゲスト2人の女3人が3時間、カメラを忘れ、仕事である事を忘れ、完全にプライベートを過ごす。
 スタジオには男性ゲストを迎え、男の立場から様々な意見や疑問など「女の謎」を解明する。」ホームページより抜粋。

水曜の夜は、なんとなくこの番組をほぼ毎週観てしまいます。前の番組を観てから、チャンネルをそのままにしてるからだと思うのですが・・・・

107a こんな感じで、オシャレーなレストランで女性MC一人と、ほぼ初対面の女性ゲスト二人がおしゃべりする番組です。

トークが始まった直後は、「今日暑いね」とか他愛もないことを話し始め、さしておもしろくもないことにゲヘヘヘグフフフ愛想笑いが交わされます。

で、結局最終的に、お互いの恋愛の話になって盛り上がって終わります。ディレクターや放送作家の意図なのかもしれませんが、女性の方は初対面の方といきなり恋愛の話なんてするんですかね?

男性同士では(少なくとも僕のまわりは)初対面だろうが10何年の付き合いだろうが恋愛に関する話は皆無です。「今付き合ってる人いるー?」なんて口が裂けても言えません。そんなキモイ質問する暇があったらうどんを左の鼻の穴から吸って右の鼻の穴から出す的な芸をしたほうがよっぽど盛り上がりますっていうか死を選びます

この間、小学校からの友達が、僕の彼女の同僚とほぼ初デートで、映画を観に行きました。初デートで二人は夜11時半くらいまで一緒にいましたとさ。そのことは彼女を通して知っていたので、次の日その友達と昼飯食べてた時、「昨日どうだった?何観に行ったの?」と聞きました。・・・二人の会話は、映画の内容から一歩たりとも出ずに15分繰り広げられ、食べるものがなくなってしまった時点で完全終了しました。友達に気を使ってデートのことを聞かなかったとかそんなんじゃなくて、心底そんなんどうでもいいじゃんと思ってましたむしろ今となっても心の底からどうでもいいです知るだけ無駄だと思っています。

ということで男友達とは恋愛に関する話題はまず出ません。恋愛にかすった時点で心の底からどうd(略)。他の方はどうなんでしょう・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

自分がなんも遺跡とかないからってー!

P2510mid 「TEAM AMERICA」という、全編人形オンリーで演じられてる爆笑コメディー映画があるのですが、あらゆる意味で他人にオススメできません。絶対に観ないでください。

これは英語圏の人、特にアメリカ人に向けられた、アメリカ人をとことんバカにした映画なのですが、英語圏の方じゃないとなにがおもしろいのかさっぱり分からず、ただ「やたら下品な映画だなー」という感想で終わってしまいます。

英語を習いに来る方に、少なからず、「映画を字幕なしで観たいから」という動機の方がいらっしゃいます。もちろん、英語がある程度わからないと、映画を字幕なしで楽しむことはできません。しかし、特にコメディー映画になると、笑うところというのは、その国にしばらく住んでみないとわからないネタが多くて、どんなに英語がうまくても笑えないということもあります。日本にも、日本人にしかわからないだろうな~ってギャグやジョークがありますよね?あれと同じです。ものっそい英語うまい生徒さんからでも、「コメディー映画観たんけど全然笑えなかった」と言う意見をたまに聞くのですが、それは恐らく、その国に住んでる人しかわからないネタだったのか、またはその映画が本当につまらなかったから、のどちらかです。

とにかく、この「TEAM AMERICA」はそういうネタが多いのでオススメできないのですが、ひとつ誰でもわかるであろうテーマとして、「災害スペクタクル映画等でとりあえず他国の世界遺産を勝手にぶち壊しといて、主人公の恋人の命さえ大丈夫なら別にいいじゃーんなんでいちいちエッフェル塔とかの心配しないといけないわけぇ?マジだりぃよマジダルビッシュ的なエゴイズムを取り上げています。もうほんっとアメリカ人自分勝手だよなーとか思わせてくれる映画です。ほんっと笑いました。でも絶対に観てはいけません。

さあ絶対に観てはいけないのでここで書いたことがどんなかちょっと観ていただきましょう。パリの美しい町並みが、「テロリストを撃退する」という名目で粉々にされていきます。





今「ザ・コア」というこれまた典型的な災害スペクタクルハリウッド映画がテレビでやってるのですが、ぁーローマの遺跡が雷で木っ端微塵にー・・・・凡ミスで人がどんどん死んでいくー・・・・もう自分が大丈夫なら他の人が多少苦しんでもいいのかー・・・・人類が築き上げて守ってきた建造物をなんだと・・・・・・・・・・・

・・・・・・・まあ歴史の浅い国は壊す遺跡もないけれどもね!あっはっは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

開会式やっとる

開会式やってますねー

色々言われてきた北京五輪も、こういうふうに開会式を見ると、みんな楽しみにしてたスポーツの祭典なんだなと感じます。

各国の選手入場のシーンが毎回印象的です。こんなに知らない国があるんだなと、色々な文化があるんだなと、オリンピックで金メダル取るってのはものすごいことなんだなと、思わされます。

めちゃくちゃえらいサルコジ君やプーチン君もふつーに観客席に座っていて自分の国の選手たちが入場するとそれぞれ立ち上がって選手に向けて手を振るので、自分の家族を応援してきた的なほほえましい絵になってます。こういうのを見ると、政治という概念をさっぱり忘れてしまいます。みんな楽しそうです!

ブータンとかカザフスタンとか民族衣装を開会式パレードに取り入れてる国は、見てて楽しいですね。日本やアメリカは・・・・FTU-・・・・紺のブレザーだし・・・・・・

こういう場では先進国じゃないほうが断然光りますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

やってしまった

暑いですねー

こう暑いと、思考が停止しがちですねー

こう思考が停止しがちだと、判断ミス等しがちですねー

こう判断ミス等しがちだと、ファミリーマートで8月20日中日ドラゴンズ対横浜ベイスターズの¥5500の指定席Sを予約しちゃいがちですねーーーーーーーーーーーー

いえ正確には彼女が、ドアラがその試合に現れる、そしてショーまで行なうということをどこからともなく嗅ぎつけてきましてその日のうちに僕に予約してこいや指令を下されたのです。

もうですね、ドアラをなるべく近くで見せてやろうと、どこの席をとったら一番いいか考えまくりました。この前テレビ番組での横浜戦では、たしかホームチームのベイスターズのファンがライト側に座っていたなーと、ってことは20日にアウェーチームとしてプレイするドラゴンズのファンはレフト側だなーと、そしてドアラが一番出没しそうなのは3塁側だなーと、だったら値段は張るけどドアラがうごめくのを遠めから見るなんて歯がゆい思いをしないためには、3塁側の指定席Sしかないなーと。

Ticket_02_2 Ticket_03-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

まあでも神出鬼没がウリのドアラですから、これだけ考えても無駄かもしれませんが。

しかし野球のルールも完全にはわかってないし、無論公式戦なんて一度も観た事もない彼女に「どうしても行きたい!!」と言わせたドアラの影響力はただならぬ物があると思います。僕も高校の頃にジャイアンツの公式戦一回観に行ったことがあるだけなんですけど、ドアラはちょっと生で見てみたいです。

ドアラ以外にも、魅力的なマスコット、シャオロンとパオロンも出るそうです。楽しみぃ!!!・・・・選手の名前ほとんど知らない・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

じゃ速くない人はどうしたいいの

1.新しく習った文法、単語や慣用句等の意味を理解する。
2.例文を言い、例文を真似、例文をいくつか作ってみる。
3.最終的に習った文法、単語や慣用句を自発的に使えるようになる。

ではこのステップ3までなかなかたどり着かない人はどうしたらいいのでしょう。

まずステップ2の例文を作る時点から、気をつけることがあります。それは、その新しい言葉じゃないと意味を持たない例文を作るよう心がけることです。これはどういうことかと言うと、

たとえば「need」、「要る」という言葉を習ったとします。さあ例文を作りましょう。

1.Hanako_3 「Hanako needs a new skirt」 - 「花子さんは新しいスカートが要ります。」

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

2.Wakam_2  「Wakame needs a new skirt」 - 「ワカメちゃんは新しいスカートが要ります。」

-

-

-

-

-

-

-

-

さあどっちが頭に残るでしょう。花子?いきなり出てきてなんのキャラ付けもされてないただの挿絵の女の子なんか日常会話中に思い出せるでしょうか?っていうか花子は教科書の次のページで違う例文用に再利用されますよねそんな一つの事に特化できないなに一つ取り柄の無い小学生の頃のクラスメイトの名前をあなたは言えますか言えないでしょう勉強ができる子だとかスポーツが一つやたらうまい子だとかクラスのおもしろい子の名前なら言えるでしょうそう例文も同じなんです非凡な例文しか生き残れないそう記憶とはそういうきびしい格差社会なのです。

例文を作る時点では、どうしてその特定の言葉を使ったのか明確に理解する必要があります。だから、家族や友達をネタに使って、内輪でもいいので自分がなぜその言葉を使ったのかはっきりわかるような例文を作るよう心がけましょう。そうすることで、いざその言葉を使わないといけない時に、ハッと思い出して、「あ、あの言葉を使ってみよう」と思えるわけです。これがステップ3の、自発的に使うことにつながるのです。

あとできることと言えば、頭に言葉を覚えさせるだけでなく、何回も繰り返し例文を言って、口に覚えさせる、ということです。スムーズに言えるようになるまで繰り返しましょう。そうすることでいちいち考えずとも、口が勝手に言ってくれるようになります。頭の中で英語から日本語、日本語から英語へと翻訳してから話す人とそうでない人の大きな違いの一つはここになります。しゃべるスピードにも影響してきます。

また長くなってしまいましたが、たくさん書き忘れたこともあると思います。また今度思い立ったら書き足そうと思います。「こういう場合はどうなの?」「こういう勉強の仕方はどうなの?」等の質問などあれば、優先的に取り上げていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

言語上達が速いタイプ

ひっさびさに超まじめな内容です。

今年で英会話講師を始めて4年目に入ったのですが、だんだん、どのような人が英語の上達が速くて、どういうところが上達につながっているのかわかるようになってきました。また、飲み込みが速くない人も、どのようにしてそれをカバーできるのかも少しわかってきました。

まず言語をうまくなるのに僕が絶対必要だと思うステップはこれです:

1.新しく習った文法、単語や慣用句等の意味を理解する。
2.例文を言い、例文を真似、例文をいくつか作ってみる。
3.最終的に習った文法、単語や慣用句を自発的に使えるようになる。

たとえば教科書で新しい文法を習ったとします。どういう意味か理解しました(ステップ1完了)。例文を言ってみました。例文を真似た文を作ってみました。先生がその文法を使用した質問をたくさんしてくるので、その文法を使ってたくさん答えました。よくできました(ステップ2完了)。

大抵の生徒さんはこのステップ2で終了します。教科書のその文法のページを「クリア」し、「あーできた!」と達成した思いとともに、二度とその文法を使いません。習ったもの使わないと意味ないっすよね。なので僕はレッスン内で、時間差で生徒さんを「その文法を使った答えが一番自然である質問」をぶつけます。「今その文法を重点的に練習している」という印象を取り除いてから、急に襲います。ここでその新しい文法で答えが返ってくれば、意味だけでなく使う場面もわかっていて、本当の意味で理解した、ということになります。大体の生徒さんは結局今日習った文法を使わず、すでに使える簡単な文法で答えてきます。で、「こういう言い方もあるよね」って思い出してもらいます。ベルリッツは担任制ではないので、同じ生徒さんとまたクラスがあるかどうかはわかりません。ですが、もし同じ生徒さんとめぐり合ったら、もちろん前回しこたま練習した文法や慣用句を答えに使わないといけないような質問で奇襲します。ちゃんと適切な表現で答えが返ってくると講師としてとてもうれしいですね!(この奇襲が趣味になってきてるので、僕はSかMかで言うとSだと思います。)

しかしたとえ生徒さんが奇襲を返り討ちにしてきたとしても、それはまだステップ3に入りかけただけとしか言えません。こちらが質問するまでもなく、普段の会話に自発的に習ったことを織り交ぜてこないとステップ3が完了したとはとても言えません。しかしやはり生徒さんが自発的にこの前教えたことを実践しているのに気づくと、講師としてはこの上ない喜びになります。大抵の人はこのステップ3に何週間か時間がかかり、何回か注意されないと完了できません。ステップ3だけは、講師はうながすことしかできません。生徒さん次第です。

30人に1人くらいの割合なのですが、驚愕のスピードで上達する生徒さんがいます。ほんっと末恐ろしい方々がごくまれにいて、もう40分間の1クラス中に、講師の僕から見て明らかに上達しやがります。なぜそう言えるのかと言うと、先ほど述べた3つのステップを、数分のうちに全部やってしまうからです。こういった方は、相当なキレものか、もしくは間違いに関して怖いもの知らずな方のどちらかだと思います。

もうほんとに目からウロコです。5分前に練習したことを、全く別の話題を話してる途中に、「あっ」と気づいて使ってみるのです。僕はその時、「よくやった!」と褒め、今まさに完璧に使えたと伝えます。そして一回これが成功すると、どういった場面で使えばいいのか生徒さんは確信を持ち、それ以降何回でも機会さえあれば使ってきます。

こういう、教科書を読んで理解したから「クリア」したと思わず、勉強したページを遠く通り越した後でも、チャンスがあれば使ってみる、そういった姿勢を持った方が、上達が速いのだと思います。せっかく英会話の授業とってるんだから、新しい言葉をとりあえず使ってみて、間違えて使ってしまったら講師に正してもらえばいいのです。そうしない方は、知識だけつき、TOEICなどのスコアが無駄に上がってくだけで、本当の意味で英語がうまくはなりません。

ちょっと長くなってしまったので、「じゃあステップ3をそう易々と完了できない人はどうすればいいの」という記事は次回にします。僕もこのタイプの人だと思います。中国語を習っていた時、失敗を恐れて、新しく習ったことをすぐに使おうとはなかなかしなかった記憶があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »