« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

ガンバァァ

先日テレビで「ガンバの冒険」がたまたま紹介されていたのですが、なぜか急にまた観たくなりました。ものすごく小さい頃に観たのですが、いまだに、あの苦痛と苦難を乗り越えて非力なネズミが圧倒的な強さのイタチに挑む、あの世界観が忘れられません。

Ganba_2

ということで行ってきましたTSUTAYA。

・・・DVD全5巻中1巻目ですでに過酷な冒険なんですが・・・さすがガンバ!

「顔が濡れて力が出ない」とか意味不明な理屈の弱音を吐く某ヒーローとは大違いです!!

だまれアンパンがぁぁ!!ガンバたちは飢えで苦しんでるんだ!!!

当たれば一発で敵を倒せるアンパンチとかそういう兵器も持たずに自分たちより絶対的に強い相手に立ち向かうんですよ!?「はいはいどうせ最終的にアンパンが勝つんでしょ」的な完全に予測できる展開なんて待ってないわけですよ。むしろ十中八九負けるんじゃない的なアレですよ。

ネズミたちが平和に暮らしてた島に突如イタチの群れが攻め込んできて、島を占拠してしまいます。ネズミたちは、島の、食べ物のあまりない場所まで逃げましたが、それでもイタチたちは追ってきてネズミたちを殺し続けます。降伏しようとした島ネズミたちでしたが、それでもイタチたちは攻撃をやめません。降伏しても無駄と知った島ネズミたちは、戦うことを決意し、海の向こうから助けを呼びます。

という、弱肉強食と格差社会に追い詰められて、立ち向かうというネズミたちのお話です。

こないだの橋本大阪府知事の教育に関する討論会で、「世間の競争が学校に入ってくるのはよくないことです」とか本気で言ってる教育関係者がいましたが、もうどんだけアホなのかと思いました。学校に入ってる時から競争社会に慣れさせないでどうすんですか。「学校に競争を持ってこなくてどうするんです!!」とブチ切れてた橋本知事、僕も賛成です。僕もテレビの前でブチ切れてました。競争はよくない?そんな考えでよくここまで生きてきましたね。あなたが「ガンバの冒険」のキャラだったら真っ先に死んでますよ。もう殺戮シーンの1コマ目で八つ裂きです。ちょっと「ガンバの冒険」一回観ていただきたいっすね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

赤ずきんチャチャr

子供の頃ね、妹が月刊りぼん、毎月買ってたのですよ。でやっぱりなーんも読む漫画ないと、気になるわけじゃないですか。つい手が出るわけじゃないですか。毎号全ページ読んでました

今でもタイトルとお話覚えてるのは・・・「子供のおもちゃ」と「赤ずきんチャチャ」。

特にチャチャがおもしろかったですね~

Chacha

僕の中では史上最もかわいいギャグマンガだと思っています。読んでると幸せな気分になります。読んだら誰でも好きなキャラが数人見つかることは間違いないです。

で、こないだの映画の帰りに、新宿の紀伊国屋にマンガ館があるので、もしや文庫本版など置いていないかと思い乗り込んできました。

・・・・・・・どこの棚に置いてあるんですかー!!少女マンガだけど随分古いし・・・・置いているのかさえわからないし・・・少女マンガセクションに25の男が長く留まるわけにはいかないし・・・店員に聞くなんて論外だし・・・アレここはどこ?ヤベ「ボーイズラブ」とか書いてあるここでないことはたしかだ早く!!早くそこから抜け出すんだ誰かに見られる前に!!!もうーないんだけどぉぉぉもうあの一面ピンクの棚に戻るのもう嫌なんだけどぉぉぉもうどこなのチャチャはー・・・・

と途方に暮れていると、他の売り場から来た彼女がものの10秒で見つけてくださいました。・・・なんかくやしいがこの苦しみから解放してくれてありがとう。

そしてあの苦しみの後なら「赤ずきんチャチャ」の文庫本3冊まとめ買いするのもなんら恥ずかしくないぜだはははそう!たとえレジの店員がオール女性でもだ痛くもかゆくもないはーっはっは「カバーはおかけしますか?」カバー!?そんなんいらんよワタシはもう何も隠すことはないものはーーはっはっはっは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

さすがベン・スティラー

今日は新宿へ「トロピック・サンダー」というコメディ映画を観に行きました。監督は大好きなベン・スティラー!

Ben_wall_800

「ズーランダー」が代表作ですが、適度なやりすぎ感がたまらないコメディ映画専門俳優兼監督!何度笑わせていただいたことか・・・今回も満足度が高かったです。

ベン・スティラーの映画の9割には、大の仲良しの俳優、オーウェン・ウィルソンが出ているのですが、今回は珍しくいませんでした。でもその穴をしっかり埋めてくれた俳優人。

この映画、なんとヒロインがいない。それでもただ男臭いだけの印象にならないのは不思議。・・・女性がいないとこでは男性はいつもこんな話してんのかしてるんです。という場面がたくさん観れます。

ト○・クルー○も出演してるんですが、もしかしたら彼が一番おもしろかったかもしれない。普段の二枚目とは大きく異なる役を見せてくれます。でも、ハマリ役です。・・・なんだかんだ言って○ム・ク○ーズは演技うまいんですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

おバカブームにライド・オォォォォォォン

今日イギリス人の上司が講師達にプレゼンテーションをしてくださいました。

そのパワーポイントの中のスライドの一つの題名が、「Tokyo's Champ-Elysees」と書いてありました。

ヨーロッパ方面出身の講師達はふんふんなるほど的な顔をしていましたが、僕と、アメリカ方面出身の講師達はハテナマークを顔に浮かべ、「トウキョーズ・・・・チャンプ・・・イライシーズ・・・?」と読んでいたら、上司が、「さて、東京のシャンゼリーゼといえば?」と質問。

・・・・あ!シャンゼリーゼって読むの!?

いやーもう一同ブチ切れました。「プ」と「ズ」を発音しないんなら「p」とか「s」とかつけんじゃねーよフランス人!!!!ふざけんな!!!!前々から思ってたけど「Jean Francois」をどう読んだら「ジョーン・フランソワー」になんだこのバカー!!このバカー!!!発音しない音は省けもうバカー!!

と、僕とアメリカ講師勢のおバカが露呈したところで一件落着。

・・・もうほんとフランス語コワイ。ヤメテコナイデアッチイッテ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

サンタが来る最後の年

各デパートがクリスマスの飾りつけを始めましたね。

そして英会話教室でも生徒さん達との間でクリスマスの話題が出るようになりました。

特にキッズクラス。

僕は普段子供相手には日本語わかんなーいフリ(大人はともかく、講師が日本語がわかることを知ると英語で話そうとしなくなってしまう危険があるため)してるんですが、そのせいか子供たちが、友達相手にしか話さないような話がちらほら聞けることがあります。

こないだクラス終わった後、ホワイトボードを消してたら、後ろから9歳の女子達の会話が聞こえてきました。

「ねえサンタに何たのむー?」

「えーほしいものあるけど・・・・2万円以上のもの頼むとサンタ来ないんだよ知ってたー?」

「えーそうなのー?気をつけないと」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・たしかに高確率で来ないでしょう

・・・親御さん、おそらく今年がサンタを信じる最後の年になりそうDEATH。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

四重奏ゲッツ!

久々に音楽の話題を。

昨日ちょっと大きな買い物をしまして。

音楽制作用のソフトを5万円で買ったと言ったらちょっと高く聞こえるかもしれませんが、弦楽四重奏を5万円で買ったと言ったら安く聞こえるでしょうか。

今の時代、CD制作の現場でプロの弦楽四重奏を雇って、レコーディングスタジオを一日借りて、というやり方は古くなりつつあります。高いしぃ

このやり方だと一日最低100万円かかるんじゃないでしょうか。そんなお金、出せる人と出せない人がいます。

そこで、楽器を一音一音録音したデータ集を使って、コンピュータでプログラムします。データ集の質の良さと、プログラムする人の手腕にもよりますが、本物と相違なく聞こえるようにすることができます。

これなら、自宅で作業できるわけですから、ソフト(データ集)代の5万円で済むわけです。

今回購入したデータ集の質は、最高クラスのものでした。昨日ちょっと使ってみて、この音素材ならどんな表現でもできる、そう確信しました。

バイオリン一つとっても、様々な奏法があります。長く弓を弾いたり(arco)、短く弾いたり(staccato)、指で弦をはじいたり(pizzicato)、弓の木の部分で弾いたり(col legno)、小刻みに弾いたり(tremolo)、駒のすぐ近くで弾いたり(sul ponticello)、など、書ききれないのですが、それらほぼ全てが収録されていました。

僕も大学卒業まではバイオリンを弾いていたのですが、これなら僕が自分で弾くよりはるかに豊かな演奏にすることができる、そう思いました。

僕が出しているCDのストリングスも、全て自分でプログラミングしているのですが、どうでしょう。コンピュータが演奏しているようには聞こえないと思います・・・

よかったらためしに聴いてみてください:

www.myspace.com/nostaropus

↑ここで視聴できる、「love or duel」と「a bac dec de encore」という曲にストリングスを入れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

ちょっと待ってください。

日本郵便の年賀状のCM、ひどくないっすか。

若いサラリーマン風の男同士がコンビニにて

B: 「年賀ハガキ20枚ください。」

A: 「お前年賀状とか出すんだ。」

B: (哀れな人を見るような目つきで)「・・・おれ、出したい人いるし。」

おーーい

みなさん!今年は年賀ハガキ出さないといじめられるようです

・・・

・・・・・

僕は年賀状あまり出したことないのですが、コンビニ行ったらこんな辱めを受けるんでしょうか。

なんか最後書いたのは・・・・高校の頃家から歩いて7分のとこに住んでる友達が徒歩で年賀状届けてきたので、翌日僕も徒歩でお返事を書いたくらいです。翌年は二人とも完全に飽きてそれ以来書いてないです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

石井選手ー!

11月3日 記者会見にて

石井「本日を持ちまして、総合格闘技の方に転向することになりました。」

野心が溢れてますね~

石井「今日はスーツ着てますが、心はモビルスーツを着ているつもりです。」

言いたかったんでしょうね

ガンダムファンの心、掴んだ

「最近エンターテインメント性ばかり目立っているので、これからはカリスマ性を出していきたいと思います。」

カリスマ性は体からある日突然分泌されるものでしたか

ナイス!石井君!大好き!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

オバマァァァァ

オバマちゃん、勝ったね。

正直、嬉しかったです。

負けイン・・・あれ変換がこんなんなっちゃったぁ!・・・いや、マケインに恨みはないのですが、むしろマケインはあの物腰柔らかな感じで、違う人種を見下すようなことをする印象もないのですが、どちらかと言うとオバマに勝ってほしかったです。日本のためとかそういうことではなく、これであの移民の国での人種、宗教や考え方の違いで生じるあのぎすぎすした空気が少しでも和らげばと思います。

ノースキャロライナ州という、南の方の州に何年か住んでいたのですが、水面下での人種同士、宗教同士の確執を常に感じていました。ほんとにね、合衆国の中には本気で黒人は白人より劣っているとか、本気で同性愛は神が許さないだとか、中絶は神の意志に反するとか、バカなことやのん気な事言ってる人が大勢いるんです。

なんの根拠があってそんなこと言ってんだ!!と言うと、「だってバイブルに書いてあるんだもん!」とかオマエバカかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

いつの考えだよと。中世かよ。中世帰れ。ルネッサーンス

マケインはともかく、サラ・ペイリンが副大統領にならなくてよかった。ペイリンはまさに中世からタイムスリップしてきたかのような思考の持ち主。

ペイリン:「黒人と白人が結婚していいと思いますか?いいえ、思いませんよねー?」

とか平気で言う、希代のアホです

黒人が大統領になるのについて、抵抗があると思っている人はあの国には大勢います。口で言わなくても思っている人がたくさんいます。なぜかって、黒人の方が劣っていると頭のどこかで思っている。自分より劣っている者が一番上に立つのは良くないと考えている。

宗教の考えを国民全員に押し付けようとするような中世思考のアホが副大統領?200年前の頭してる人間に国を任せる方がよっぽどヤバイわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

まあということで世界でも有数のまともな人間が大統領に就任してよかったです。

・・・もちろんアメリカ全ての人が閉鎖的な考えをもったアホではないですが、白人以外の人種にも同じように、もしくはそれ以上に国を動かせるという現実を受け入れていただきたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

第一回ドアラカード争奪戦 その6

対戦相手のちは子がマスコットカード二枚目を引き当てやがりました。西武ライオンズのレオに続き、千葉ロッテマリーンズのマーくんを・・・・!今ちは子はディズニーリゾートへ遠征中。余裕かぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

しかし僕も負けてはいません。

ドアラ縁の人物、森野選手が出ました!試合中ドアラと戯れる回数が最も多い森野選手!もうドアラの臭いがしてきました。あと少しです!

そして・・・・「その4」で話した、僕とちは子と同じようにカードを集めてる英会話キッズ生徒の男の子に、この間彼が持ってないカードをしこたまあげて来ました。とっても喜んでて、僕もうれしくなってしまいました。

そして次の週!なんと今度は彼が自分のカードを持ってきてくれたのです!なんと彼は去年からずっと集めていたようで、2007年の選手のカードもたくさん持ってました。150枚は持ってました。

・・・先生、ちょっと泣きそうになっちゃいました。なんとこのキッズ君、僕がドラゴンズ好きだと覚えてて、ドラゴンズの選手のカードを差し出してくるのです!

「No no no you don't have to!(いやいやいやいいんだよ!)」と何度も言ったにも関わらず、彼は断固として差し伸べた手を引き下げようとしません。「いいのいいの」って顔してる!!!!!!

・・・ノックアウトでした。あの表情を見て断れる人がいたとしたらそれは人じゃない、です。・・・・ありがとう、キミがくれたカードを手に、僕はどこまでも戦い続けるよ。

Takaramono_2

あ、ちなみにその日ちょうど10/31だったので、ハロウィンレッスンみたいなものをやらなくてはいけなくて、この天使のようなキッズ君とお面を作ってトリック・オア・トリート的なことをしました。

ベルリッツの事務所からスケルトン型の切り抜きお面が支給されたのですが、その時二人で即席で色付けしたお面です:

Yakyubaka

はい、中日ドラゴンズと阪神タイガーズのスケルトンのお面になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »