« サンタが来る最後の年 | トップページ | さすがベン・スティラー »

2008年11月21日 (金)

おバカブームにライド・オォォォォォォン

今日イギリス人の上司が講師達にプレゼンテーションをしてくださいました。

そのパワーポイントの中のスライドの一つの題名が、「Tokyo's Champ-Elysees」と書いてありました。

ヨーロッパ方面出身の講師達はふんふんなるほど的な顔をしていましたが、僕と、アメリカ方面出身の講師達はハテナマークを顔に浮かべ、「トウキョーズ・・・・チャンプ・・・イライシーズ・・・?」と読んでいたら、上司が、「さて、東京のシャンゼリーゼといえば?」と質問。

・・・・あ!シャンゼリーゼって読むの!?

いやーもう一同ブチ切れました。「プ」と「ズ」を発音しないんなら「p」とか「s」とかつけんじゃねーよフランス人!!!!ふざけんな!!!!前々から思ってたけど「Jean Francois」をどう読んだら「ジョーン・フランソワー」になんだこのバカー!!このバカー!!!発音しない音は省けもうバカー!!

と、僕とアメリカ講師勢のおバカが露呈したところで一件落着。

・・・もうほんとフランス語コワイ。ヤメテコナイデアッチイッテ

|

« サンタが来る最後の年 | トップページ | さすがベン・スティラー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Yeah, I always wondered why French people can't :
spell right

or

pronounce things incorrectly

lol,

Strange thing is, many people consider French to be the most beautiful language in the world.

The French on the other hand, have always admired Russian.

And as for the Russians?

Too drunk to care.

The problem with French is simply that it is quite lengthy. It takes longer to articulate an idea in French then it does to vocalize an equivalent notion in English...

French is muda no ooi language--apparently also Romantic.

Russian is beautiful, but not so sober.

English is imperialist, because it likes to romanize and appropriate.

Japanese is efficient, poetic, but also xenophobic.

Or maybe Im reading too much into it?

投稿: yusuke | 2008年11月22日 (土) 11時11分

yeah you're reading too much into it.

投稿: nostar opus | 2008年11月22日 (土) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204127/43185241

この記事へのトラックバック一覧です: おバカブームにライド・オォォォォォォン:

« サンタが来る最後の年 | トップページ | さすがベン・スティラー »