« アナレクシック3 | トップページ | バーンアフターリーディング »

2009年4月26日 (日)

アナレクシック4

そしてある日彼女の元に一通のメールが届きました。その時ちょうど僕も彼女の部屋に遊びに来ていました。あれ、デビッド君からじゃん。やたら長文だな・・・なになに・・・・

メール:「Mちゃんへ、今日は大切なお話があってメールしました。落ち着いてよく読んでください。
驚かないでほしい・・・私は何を隠そう・・・・大学から選ばれた秘密調査員なのだ!!!みんなが安全に、健康的に大学生活を送れるよう監視する責務を負った正義の味方なのだ!これを読んでさぞ驚いただろうが・・・深呼吸をして私が何者であるかをしっかり飲み込んでくれたまえ・・・でも秘密調査員といっても君達を怖がらせるためにこう名乗っているわけではない。今回は君に何か不備があったというわけでもない。秘密調査員という名であっても、どうか怖気づかないでほしい。私が秘密調査員になったのはそもそm」

僕:「ここ読まなくてよくね?

彼女:「うん、飛ばすね

メール:「とにかく、Mちゃんはキョウタ君と親しいようだけど・・・最近彼に変わったことはないかな?秘密調査員である私の勘によると・・・・ずばりキョウタ君は拒食症の恐れがある!!!冬休み前の外見と冬休み明けの今の外見を見比べれば明白だ!!!!極度に体重が減っている!恐らく彼は食事を抜いている!!ただちに彼の普段の様子を事細かに秘密調査員である私にしらせるのだぁぁぁぁそして秘密調査員である私がその報告を元に調査を進めるたm」

彼女:「昨日三食一緒に食べたよね?」

僕:「うん。一昨日も。・・・あ、最近筋トレしてないからなー 体重元に戻っちゃったからね。そのことかな?」

彼女:「あははーそうだねきっと。秘密調査員だってー 変なの。」

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

その冬、デビッド君の野望が潰えた。

|

« アナレクシック3 | トップページ | バーンアフターリーディング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204127/44806877

この記事へのトラックバック一覧です: アナレクシック4:

« アナレクシック3 | トップページ | バーンアフターリーディング »