« 京都・大阪 旅行 12 | トップページ | トスカ アホすか列伝 2 »

2009年12月 8日 (火)

トスカ アホすか列伝 1

彼女に連れられて「トスカ」というオペラを観に行きました。

画家であり革命家のカヴァラドッシと、その恋人であり歌手のトスカが、革命の芽を摘もうとする警視総監スカルピアの謀略によって死に追いやられてしまうという悲劇なのですが

なにが悲劇かってトスカの頭が一番の悲劇でしたよ。

もうね・・・イタイ!トスカという役がイタイ!

劇中に、ナイスガイであるカヴァラドッシがトスカのことを、「あいつはやきもち妬きだからなっ☆ はっはっは」ってさわやかに友人にのろけていましたがやきもち妬きで済まされるレベルではありませんでした

教会の壁画を描いていたカヴァラドッシ。そこへ正門からずかずか入ってきたトスカ。

トスカの第一声:「今物音がしたわ浮気ね!!!!!

え!

どういう思考回路なんでしょうか

「誰かいたの?」とか・・・・ねぇ・・・・・?

劇中の感じでは、カヴァラドッシは浮気なんてしたことないのに。

カヴァラドッシが帰った後、カヴァラドッシをハメようと画策するスカルピアが教会に入ってきます。トスカを自分のものにしたいスカルピア。持参してきた婦人向け扇子をトスカに見せ、「これが教会で発見されました。」と言います。

トスカの第一声:「浮気ね!!!!!!!!

それがなにか」!!!!「誰かの忘れ物では」!!!!「本当にここにあったのですか」!!!!!!!!!!!

段階を踏もう!ちゃんと順番に段階を踏もう!

なんで鵜呑みなのか!!!

結局怒り狂ったトスカはその足でカヴァルドッシの家に突撃していき、スカルピアは部下にその後をつけさせてカヴァルドッシの家を見事発見

もうね・・・・3幕中まだ第1幕なのになんでこんなにトスカのことが嫌いなんだろう。ものすごいダメっぷりだよトスカ・・・・・

・・・・と、物語にはどっっっっぷりのめりこむことができました。

トスカのダメっぷり列伝は続く。

|

« 京都・大阪 旅行 12 | トップページ | トスカ アホすか列伝 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204127/46967303

この記事へのトラックバック一覧です: トスカ アホすか列伝 1:

« 京都・大阪 旅行 12 | トップページ | トスカ アホすか列伝 2 »