« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

NZ帰りの彼はニュータイプ

4年生の慶応ボーイの生徒さんと、もう1年くらいの知り合いになります。

1ヶ月に一回くらいのペースで彼のクラスに当たってました。

大学でジャズバンド部にドラマーとして入っていて、ジャズドラムが叩けるという点が僕の個人的なツボなんですが、初めて会った頃はちょっとシャイな感じで、おとなしめの草食っぽいところが普段の自分と似てるなと(授業中の僕は超社交的・フレンドリーな人間に豹変します)。自分と似てる人を見つけると、つい何かしらの力になってあげたくなります。けっこう英語もできる方、というか飲み込みがものすごく早いので、時間が許す限りどんどん教えます。

ところで彼は、就職が困難な時期に卒業するのを避ける意味もあって、大学院に進学するという懸命な判断力をお持ちです。同級生が就職活動に身を粉にして勤しむ中、彼は1ヶ月間ニュージーランドにホームステイ・留学に行きました。留学するに当たって、行く前に色々な不安を僕に打ち明けてくれましたが、「是非行ってきて!!絶対タメになるから!!あと行ったら絶対日本人の友達作るな!無視しろやつらは空気だ!!空気だ!!!」とものすごく留学を勧めました。しかし彼の心配とは裏腹に、なんかホームステイ先のホストペアレンツにそうとう気に入られたらしく、1ヶ月余分に滞在してから帰ってきました。

彼が帰ってきて1週間後、僕が彼のクラスに当たりました。

するとどうでしょう。

体が日焼けしただけじゃなく、彼の雰囲気がもう自信に満ち溢れていました。英語も会話が普通のスピードでなんなくできるようになっていたし、なにより口から出す言葉に迷いがありません。

「多少間違っても、通じるんだ。」ということがニュージーランドに2ヶ月間住んでわかったようです。彼の場合、元から文法はほとんど間違わない方だったので、もう怖いものなしです。

本当に「覚醒」したとしか言いようがありません。もう彼がやっていた教材からは教えることがあまりなくなってしまいました。そこで、意図的に彼には難しい話題を振ったり、しゃべる時にネイティブしか使わないような話し言葉で会話しました。初めて聞く言葉や慣用句もたくさんあったことでしょう。

しかし、ニュータイプに覚醒した彼は聞いたことのないフレーズを初めて聞いた瞬間にその意味が大体想像できてしまいます。僕は彼が新しい知識を吸収したことを確認すると、彼にその新しい言葉を使った例文を作らせます。そして自分が作った例文がOKと判断されると、もうその瞬間から彼の脳内英会話手帳にインプットされます。次にその新しい言葉が使えそうな場面に出くわすと、彼はここぞと使ってきます。

この時、この大学生の眼、すっごい輝いてる。見るからに楽しそうです。

そうなると僕はうれしくなって、さらに新たな知識を投げつけます。コイツたった80分でどんだけ吸収するんだ!!!!こっ・・・・これがっ・・・・・・ニュータイプの力かぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

あっという間に80分が過ぎ、クラス終了。

「よくやった。キサマよくやった。」と教官気分に浸りながら教室を出ようとする僕に、慶応ボーイが英語で問いました。

慶応ボーイ:「服っていつもどこで買ってるの?そのカーディガンとか、いつも服かっこいいよね」

ワタシを喜ばすのもそこらへんにしとけぇ!!!!!!!!!このニュータイプがぁぁぁぁぁ!!!!!!

渋谷のパルコと新宿のルミネ2にあるアダムエロペですぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!

200804181113420_2_2 Adam20parco_332x249 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

子供限定でお願いします

今回はいつにも増して上品な話ではないのでご了承ください。

前回のポールの話で思い出したのですが、たしかに「カンチョー」は僕の幼児期にも存在しました。

小学生の間は、「こんにちは」の代わりが

カァァンチョォォォ!!!!

だったり、

オラァァァァァァァ!!!!!

だったり、

もらったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

だったりしました。

戦国乱世でした。

あちこちで人々が苦しみ、悲鳴をあげていました。

しかし子供の腕力など高が知れています。かわいいもんです。

・・・

ここで僕の小学生の同級生、A君を紹介しようと思います。イラン人と日本人のハーフのA君。子供の頃はすごくやんちゃで、隙を見つけては敵国に攻め込む、カンチョーに関してはもうクラスの中心人物と言っても過言ではありませんでした。彼は小学校が終わると、イランに帰り、それからはあまり会わなくなってしまいました。

しかし去年、彼が来日したのです。僕は会えませんでしたが、親友のいっぺいちゃんとゆうすけ(京都旅行の回参照)が会ってきて、数日後その時の話を僕にしてくれました。

A君はカナダに移り住み、そこで国境警備隊という職についたそうです。

国境警備隊ですから、あらゆる身体能力において優れていなければなりません。そう、彼は小学生の頃からは想像もつかない、マッチョなイラン人に成長していたのです。

子供の頃、背後から敵国の殺気を感じても、気づくのが遅すぎなければ逃げ切ることができました。

でも、もし背後からカンチョーを狙ってくる敵国が、国境警備隊として鍛えあげられた超俊足だったらどうでしょう

いっぺいちゃん談:「アレは逃げ切れない。」

子供の頃、背後から敵国に槍で突かれても、所詮子供が振るう槍ですから、たいした痛みは伴いませんでした。

でも、もし背後からカンチョーを狙ってくる敵国が、国境警備隊として鍛え上げられた超豪腕だったらどうでしょう?」

ゆうすけ談:「第二●接まで入っt

・・・・・・小学生の頃に別れてしまったがために、その頃のコミュニケーション手段でしか長い歳月があけた溝を埋めることができない、そう思ったのでしょう、A君は。しかし彼がコミュニケーションを取った瞬間、いっぺいちゃんとゆうすけはその後5分は動けないただの肉塊と化したのです。

A君には、カナダとアメリカの国境を永遠に守っていていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

暮らしの中で培う言語

大学時代の後輩のポールが東京に遊びにきました。

ここ半年、ポールは和歌山の方で小学校や中学校で英語を教えていたのですが、今週は弟のマークが日本に遊びにきているので一緒に東京に来たんですと。ポールの彼女のジョイも加わって、賑やかな東京観光をしているようです。

前々から、ポールはトゲが全く無い、まあるい良い性格だな〜と思ってましたが、弟のマークも彼女のジョイも全く同じ感じで、話しててほっこりしました。

さて日本に住んでもう半年のポールは、日本語の読み書きも多少できるし、会話も少しならできるようになっています。

この日彼の口から出て来た数々の日本語単語の中で印象に残ったもの:

ゴゥマスゥリィー

ポール:「The キョウイクイインカァイ people often tells me ポールはハァンサムですねぇ。I don't know what to say, so I tell them back あなたの方がハァンサムですよ。Then they say オーゥ ゴォマスゥリィゴォマスゥリィー」
(教育委員会のおじさん達がよく「ポールはハンサムですねぇ」って言ってきて、どう答えていいかわかんないから、「おじさんもハンサムですよ」、って返すと「オーゥ ゴォマスゥリィゴォマスゥリィー」って言ってくるの。)

カァンチョーゥ

ポール:「the 5th grade boys; they're after me. They always try to カァンチョーゥme.」
(五年生の男の子、みんな僕にカァンチョーゥ狙ってくるんだ困っちゃうよね)

トゥクガァワイエヤァスゥ

ポール:「There's this オジィチャァン living across me, and he keeps telling me stories of トゥクガァワイエヤァスゥ。And it's the same story everytime!」
(向かいにオジィチャァンが住んでてね、いっつもトゥクガァワイエヤァスゥのこと教えようとしてくるんだよね〜。しかもいつも全く同じ話なんだよ!)

ジョイ:「ポールはいつも真面目に聞いてあげちゃうから気にいられてるのよ〜」

・・・日本男児が誰もが経験するカァンチョーゥの洗礼も受けることができて、和歌山で楽しく暮らしているようでよかったです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

リピートアフターミーをなめるな

今日は仕事が早く終わる予定だったんですが、横浜ランゲージセンターの講師が風邪らしく、急遽行ってくれないかと頼まれました。遠い・・・でも行きました。

横浜につき、レッスン開始の15分前に受け持った生徒さんのカルテに目を通します。

ほうほうどうやらもう2年以上は通っている方で、今レベル5の教材ですね。日常会話ならちょこちょこ文法や単語間違えるくらいでどんな話題でもけっこう喋れる感じかな、と今まで出会ったレベル5の生徒さんの能力に照らし合わせて、どの程度喋れるのかを想像します。初めて教える生徒さんのレッスン前は、こういう事を考えながらレッスンの準備をします。

そしてチャイムが鳴り、レッスン開始です。挨拶。・・・?なんか反応鈍いな、繰り返し挨拶。・・・おや?

レッスン開始5分くらいでわかったんですが、この方は教材のレベルだけ進んじゃって、実際の能力は教材に追いついていないタイプの生徒さんでした。人によって言語習得の早さと最適な方法、ペースに違いがあるので、こういうことは少なからずあるのですが、この方のケースは極端でした。

完全な文がほとんど作れません。

たとえば

Are there any restaurants around your office? (会社の近くにレストランはあります?)

と、このレベルなら特に考えもせずに普通に答えれて当然の質問をしました。

すると帰ってきた答えが、

生徒さん: 「No, but Shinbashi many.」

・・・・・・・え?

いやいや色々な言葉がたくさん抜けてて何を言おうとしてるのかいまいち・・・これ日本語に訳すと

直訳:「いや、でも 新橋 いっぱい」

ですけど。

ままままま、まだレッスン開始5分だからね!まだ英語モードに切り替わってないとかかもしれないしね!

お喋り好きなのか、生徒さんは続けてこう言いました。

生徒さん:「Go lunch, restaurants close, go Shinbashi, cheap and good many.」

・・・・・・・・・・・えー・・・・

直訳:(ランチ行く、レストラン閉まる、新橋行く、安いおいしいいっぱい)

コラァァァァァァァ!!!!!

名詞と動詞以外ほぼ何もかもがないじゃないかぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!

僕:「ah...are you trying to say: When I go out for lunch near my office, most restaurants are closed, so I often go to Shinbashi, and there are many cheap and good restaurants?」(えー・・・会社の近くでランチしようとすると、お店ほとんど閉まってるのでよく新橋まで行くの。新橋には安くておいしい店いっぱいあるのよ。・・・って言おうとしてます?)

生徒さん:「Yes, yes. And....」

まてまてまてまてYesじゃなくて!!今僕が直した文リピートしてみないと!!次同じこと言おうとしたって絶対ムリじゃん!!!!

あ、なんだ伝わったじゃん。って思ってるの!?!?話の流れを読む+6年の講師経験+新橋の外食事情知識+αを動員してやっと何を言おうとしてるのか薄々分かる文でしたけど!!!?!??文!?!?!??

もうこの後80分、生徒さんが発する文らしきものほぼ全てを直し、鬼のようにリピートさせました。

こういうケースは残念ながら、リピートを徹底しない生徒さんと、直しやリピートを徹底させなかった今まで彼女を教えた講師たち、双方に原因があります。

講師側はおそらく、おしゃべり好きそうなこの生徒さんがしゃべっているのを間違いを直すことで妨げるのが悪いなと思ったり、あまりにも間違いが多すぎるので間違いを直しすぎて機嫌を害してはいけないとか、多すぎる間違いを直すのがめんどくさくなった等の理由で、直しとリピートをあまりしてこなかったんだと思います。

生徒さんはおそらく、会社で英語はほとんど使わないと言っていましたし、英会話はどちらかというと趣味で習っているようで、ただ英語でお喋りがたくさんしたい、という印象を受けました。

それならそれでいいんですが、この生徒さんはけっこう複雑なことを言いたいようで、それを文で表現するにあたって、能力が全く足りてない。

(歩いて新宿まで行こうとしたんだけど、近道っぽい道を通っていったら迷っちゃって、途中で見つけたホテルで道を聞こうかと思ったんだけど、渋谷から新宿まで歩いていこうとしてるって言うのが恥ずかしくて、結局あてずっぽうで進んでみたら、運よく新宿につけた。)

とかね!!!こういうことを言おうとしてるのはかろうじてわかったんですが、生徒さんが作った文:

I go Shinjuku, but want short cut, I way lost, hotel, hotel staff, ask way, don't want say Shibuya to Shinjuku walk, so I choice this, lucky, arrive Shinjuku.

はい直訳:(私新宿行きます、でもショートカットほしくて、私失くす道、ホテル、ホテルスタッフ、道聞く、渋谷から新宿歩く言いたくない、だからこれ選択肢、運いい、新宿つく。)

・・・・生徒さんを止め、自分だったらこの流れで何を言おうとするのかを頭で再構築して、早く直さないとまたどんどんしゃべってっちゃうので3秒で文に直し、生徒さんと確認。

Ah... are you saying: I was trying to go to Shinjuku on foot, but I tried taking a short cut and got lost. On the way there was a hotel, so I thought of asking someone for directions, but I didn't want to say that I was trying to walk from Shibuya all the way to Shinjku. So I just made a bet on some street, and luckily, I got to Shinjuku.

・・・・・これ全部リピートさせましたからね。

レッスンの最後に、今日みたいに文直されたら必ずリピート一度はしないと上達しませんよ、とはっきり教えました。僕の配属ランゲージセンターではないので、もう二度と会えないと思いますが、がんばっていただきたいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

2ndアルバム - Play Outside - 発売

Playoutside_original

nostar opus (ノースターオーパス)
2nd アルバム - Play Outside -
Apple Paint Factory Records
2010.4.19 Nostar Opus - Play Outside 限定ダウンロード販売
アルバム \1500
一曲 \150

1. crescents of sancha
2. zoom imperfectly
3. reza & sophie nextdoor
4. rainbow flag
5. le garcon aux cheveaux africains
6. claudesque
7. marley's magic
8. kujukli we didn't know
9. an embassy
10. indeed
11. seat
12. 1945
13. something about mario

2月頃と、だいぶ前にアルバム自体はできていたのですが、いよいよ発売です。

1stアルバムは7曲入りだったのですが、今回はおよそ2倍のボリュームの13曲。つらかったっす。制作期間は合計で1年以上いったと思います。

去年のライブはこのアルバムからの曲ばかりやっていました。ライブに来てくださった方々、曲誕生秘話トークで笑ってくださった方々も、どうぞもう一度聴いてみてください!

nostar opus のホームページの方では、iTunesまたはiPod/iPhoneでのジャケット着せ替え用アートワークを提供しています。アルバムのイメージに合ったジャケットに着せ替えてみてください!

Playoutside_alt1_2 Playoutside_alt2_3

複数バージョンのアートワークの全ては、このブログでも数回登場している、セントメリーズインター時代からの付き合いの親友、現在フリーのイラストレーター・いっぺいちゃんに作っていただきました。感謝です。

・・・

・・・・

・・・・・アルバムのタイトル「Play Outside」は「外で遊べ」という超インドア派の自分に「お前がな」とセルフつっこみをしているだけです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

とりあえずゴリラ入れとけ

キッズクラスでは単語を覚えたりゲームをするために動物や物の絵が描かれたカードをよく使います。

100種類以上あるカードの中で唯一つ、魔法のカードがあります。

ゴリラカード

そのクラスがたとえ「食器」というテーマであろうが「昆虫」というテーマであろうがそのテーマに沿って使う十枚ほどのカードの束にとりあえず一枚ゴリラカードを忍び込ませます。

復習として一枚ずつ裏返してあるカードをめくってその英語での名称を言っていく6歳児。

子供:「これはー fork!これはー plate!これはー・・・なんでゴリラ入ってるのーーー!!!

大笑いつつも先生にキレて来ます。このくらいの子たちのゴリラで笑う率は10割もう10割打者ですよゴリラは

そんな時僕は内心「よしよし6歳児にしてはなかなかのツッコミのタイミングだったな つっこむ前の一瞬の間がよかったGJ!」

違うところで喜んでいます。まあ笑わせるのが主目的ですけどね!

こういう小技も使ってかないと習ってる方は英語のレッスン楽しいことばかりじゃないですものね。

もちろんこの直後、「It's not a silverware! (食器じゃないよ!)」って言わせます。

キッズクラスにまだ慣れてない後輩のイギリス人の先生がアドバイスをくれと聞いて来た時とっさに言ってしまった「とりあえずゴリラ入れとけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

ザビエ・ペリーのギリギリxキッチン 6

Xabierandperi_2

ペリー:「ねぇザビエ聞いてよぉ」

ザビエ:「なによ」

ペリー:「今日さー会社の近くにできたさー新しいハンバーガー屋さん行ったんだけどさー」

ザビエ:「あら いいじゃない やっと身近にハンバーガー屋さんができたのね」

ペリー:「それがさぁ フレンチフライとオニオンリングを頼んだらね、こんな感じで出てきたのよ」

Keshkaran

ザビエ:「これの何が不満なのよ」

ペリー:「・・・・・・ケチャップ無しで出てきたよこの油の塊がさああああぁぁぁぁぁ!!!!!!イヤイヤイヤイヤナイナイナイナイってね!ナイナイナイナイって思うじゃない!こんなフレンチフライとオニオンリングをケチャップもなんのソースもなく食べろとかナイナイナイナイもうちょんまげヘアーくらいありえないよ!!!浦賀に入港してちょんまげファッションを初めて目の当たりにした時の衝撃 あの イヤイヤイヤ冗談キツイッスヨォ って思った時を鮮明に思い出したよ!!!!もうさ、ホラ、黒船来たらさ、アレ?ペリーは?って思うのが自然でしょ!?ワタシがいないとなんかおかしいでしょ!?黒船来たらペリー来る 当たり前じゃない!!!!ウェスタン揚げ物とケチャップだってそうさ!!!フレンチフライだけテーブルに出されたら アレ?ケチャップは? って思うのが自然でしょ!?!?!?!? もう切っても切れない仲でしょ!?そう、このワタシとカァイコクへの情熱のようにshineキラーンshine)」

ペリー:「・・・・・・・アレ?今ここ拍手するとこなんだけど アレ?ザビエなんでそんな今日の献立考えてるような顔してるの?ねぇ?聞いてる?ねぇ。ねぇ。ねぇーーーー・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

向いてない

ゲームの遊び仲間・こと・「教授」に誘われて、メタルギアソリッド・ピースウォーカーというPSPのゲームの体験版を今ちょっとやってみてます。

Z9000185_1

・・・バイオハザードとかね、メタルギアとか銃片手に敵地に侵入してく系のゲーム・・・苦手でね。

もう敵が出てきた瞬間 「あ え ぁ みつかっt え ああ あああああアアアアア

という具合に情けない取り乱し方しちゃうのでキライです。

取り乱している自分がキライです

アワワワワワワ ってなっちゃうからね。

彼女の前でこういう系のゲームをする時にはすでにだいぶやり込んでいてどこでどの敵が出てくるのか完璧に分かってるくらいになってます。アワワワワワワってなってるとこ見られたくないからね。

こんなん余裕だZEEEEEE!!!!ってものすごい勢いで突き進んでるとこだけね、見せてね・・・・

・・・・・開始直後のチュートリアルステージですでに心を折られてますからね。もうこれ以上のドキドキは耐えられません。

自分がいかに器が小さい人間かという事を久々に確認しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

無駄削減

4月に入ってスタバに行ってみるとメニューがリニューアルされていました。

まあ結局いつも頼んでるホワイトチョコレートモカ頼みますけどね。

(脳内会議)
えー・・・と・・・ない!!ホワイトチョコレートモカがメニューになあああああ「ホワイトモカ」ならあるぞ・・・これは・・・チョコレートさんがリストラされてしまったのだろうかでもたしか「モカ」ってそもそもチョコレートが入ったコーヒーって意味じゃなかったっけもしかしたらただ単に長くて呼びにくい名前の無駄を省いた結果こうなっただけなのかもしれないうおおおどっちなんだあああああ
(脳内会議終了)

ホワイトモカください

(脳内会議再開)
あ 言いやすい・・・
たしかに以前はホワイトチョコレートモカという「お前どんだけ甘党なんだよ」と思われそうで頼むのが少し恥ずかしかったネーミングのせいで世間体を気にしてめちゃめちゃホワイトチョコレートモカ飲みたいのにあえてスターバックスラテを頼んでしまうあの切ない状況に陥らなくて済むじゃないかふはは・・・ふはははは!!!たとえ味が変わっていようとこの新たな生命「ホワイトモカ」を頼み続けてやろうじゃないかはーっはっはっは!!!

はーーっはっはっはっh

スタバのお姉さん:「ホワイトチョコレートモカお待たせしました〜!

イッチャッタ!!!!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

ジャミロクワイを勧めてくれたあの人は今

最近資料用に買った「ジャミロクワイ」のアルバムを聴きまくってます。

Jm

ジャミロクワイを初めて聴いたのは中学校の頃、アメリカのサマーキャンプなるものに一人で送り込まれていた時。その頃音楽にあまり興味はありませんでしたが、かっこいいな~と思っていたのは覚えています。

で、その時CDを勧めてくれたのが、ルームメイトだったジョン君。ジョン・バックラック - John Backrackっていう名前でした。 このキャンプから覚えてる人の名前は、この男の子だけです。ルームメイトだったということもありますが、

どうーーーーしても苗字が バットクラック - Butt Crack (尻の割れ目) に思えて仕方がなかった申し訳ない

でもふと、久しぶりにジャミロクワイが聴きたいな、と思った瞬間、バットクラックバックラック君の今ではあやふやな顔の記憶が呼び覚まされます。・・・・なんかスネオみたいな顔してたな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »