« 進化 | トップページ | TOEFL予習 »

2010年6月30日 (水)

WC 日本 vs パラグアイ

アレ・・・・なんか・・・・日本かっこよくね・・・?

入る気配はなかったものの、前半3分もないうちに日本側からすでに2本シュート。

パラグアイの選手達の表情を見ると、ソワソワキョドキョドしてて・・・・なんかワールドカップ前の日本代表のよう。パラグアイは思うようにボールが回せていないようです。

Cad9470e

それに引き換え日本の選手は・・・・どっしり構えてる印象すら受けます。

そして日本あまりバックパスを出さないっすね・・・・横か前にしかパスを出さないですね!素晴らしい!

前半20分
日本がピンチを迎えるシーンがありましたが、キーパー川島がファインセーブ。その直後にパラグアイゴールを脅かす強烈なロングシュートを放つ松井選手!すでにいい試合。

前半27分
パラグアイがコーナーキックでチャンス!さすがに強いです。パラグアイのボール占有率が高いです。

前半35分
本田がパラグアイゴールに近い位置で倒され、主審がファウルのホイッスルを吹きました!その瞬間過剰な反応を見せるパラグアイ陣営!

Ca2k3uuz

マルティノ監督:「フリーキックはヤバイものーーーー!!!!

日本のフリーキックは警戒しているようですね。

フリーキックは遠藤が蹴り、放ったボールはとてもいいコースに行きましたが、パラグアイのディフェンダーに阻まれパスは繋がらず。日本が高さで競り負けるシーンがいくつかありましたが、内容の濃い前半でした!

ハーフタイム

Ca2k3uuz

マルティノ監督:「ああそうさ5kg増えたさーーーー!!!!!!

あっ 後半始まるぅ!

後半

トゥーリオ選手等から、前線へとロングパスをするのはいいのですが、他国に比べて日本の選手はトラップの技術が足りないようで、せっかくボールを奪っても、パス回しの過程でポロッと相手選手にボールが行ってしまったりします。個人のドリブル突破力もないため、パスに頼るしかないが、あまりむずかしいパスを出すとトラップができない、そういう弱みが少し目立ちます。

しかし松井選手がその弱点をうまく避けるようなプレイを見せます。攻めている時にサイドライン付近で、相手選手にボールをぶつけて、わざとボールを外に出しスローインを獲得。その繰り返しでじわじわ相手ゴールとの距離を詰めています。そして十分に近づいたと思った瞬間、「コイツこんなセコイことしてあんまテクニックないな」と思わせといてひょうひょうとフェイントを決め、味方へセンタリング!パラグアイのディフェンダーが二人も、完全に引っかかってました。こういう狡猾なプレイ、好きです。

後半15分
パラグアイのチャンスが続きます。しかしそんな中日本がコーナーキックを得ます。遠藤のコーナーがまたもや素晴らしいコントロールでトゥーリオのおでこへ!!これは惜しかった。トゥーリオは高さで負けませんね~

後半20分
大活躍した松井が岡崎と交代。「なんで下げるんだ!」みたいな空気が少しにじみ出る実況と解説の声ですが、ここまで日本を引っ張った岡田監督の決断にケチをつけることはもうできません。

後半35分
阿部がWC初出場の中村憲剛と交代。もう一押しの攻めの姿勢に入るようです。パラグアイゴールに向けていいボール運びが何度かあるのですが、センタリングの後、やはり高さで負けてシュートまで至らない。低いパスで行くしかないのでは・・・

後半終了 0 - 0

延長前半
中村憲剛がいきなり強烈なシュート。きっとパラグアイチームからすれば、「あ、アイツもシュート撃てるのか・・・」と、伏兵に気づいた心境なのではないでしょうか。延長前半3分でようやくパラグアイも選手交代。イ、イケメンを下げただと!?サンタクルス選手が交代でピッチの外に。

Sanatacruz2_2

延長前半10分
日本の大ピンチ!パラグアイもうまいこと相手ゴール前にボールを運ぶのですが、なかなか気持ちいいシュートができないでいます。

延長後半
日本は最後の選手交代。玉田を投入。足が速い選手だそうです。相手の疲れに付け入る作戦。遠藤選手がイエローカードをもらい、累積カード数2枚なので次の試合に出れなくなりました。もう次の試合のことなんて考えられないくらい、両者必死にプレイしています。ただ相手ゴール前でのファウル狙いでわざと転倒しないでそのまま行ってほしいですねー。主審も転倒の意図を知って、ゴール前ではとたんにファウルを出しにくくなります。パラグアイはあまりそういう行為は見られないし、パラグアイの選手達自体もファウルが少ない、フェアプレイですね!

延長終了→PK戦へ
両チームの各選手が次々とPKを決めていきます。しかし駒野がPKをはずしました。その直後のパラグアイ・ガルベス選手はきっちり決めました。その後の本田は決めましたが・・・・・最後のパラグアイのキッカーも決めて、パラグアイ、初のベスト8に進出

駒野は泣き崩れ、攻守共に壮絶なプレイを見せ、ベンチでPKを見守っていたトゥーリオは満身創痍の表情。PKはね・・・どのくらいキモが座ってるかだと思うんですよね・・・パスも出せない、自分とゴールの間にいるのは相手キーパーだけ、という、ストライカーなら絶対に決めなくてはいけない場面で、じゃあ自分は本当に決められるのか?決められなかったら全く言い逃れができない場面で、じゃあ自分は本当に決められるのか?ということを問われますからね。とてつもなく重いプレッシャーです。

でもそんなプレッシャーも跳ね除けて、本田選手のように表情一つ変えることなく確実に決める選手もたくさんいます。そういう選手がゴロゴロいる国になってほしいです、日本。

お疲れっす!

|

« 進化 | トップページ | TOEFL予習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204127/48754407

この記事へのトラックバック一覧です: WC 日本 vs パラグアイ:

« 進化 | トップページ | TOEFL予習 »