« WC 日本 vs カメルーン | トップページ | WC チリ vs ホンデュラス »

2010年6月16日 (水)

WC コートジボワール vs ポルトガル

これもまた面白いゲームです。今前半が終了したところですが、ボールが外に出ることがほとんどなく、ロスタイムも1分足らずで、サクサク終わった印象。

しつこいですが、ガーナのサッカーは、前へ前へとパスする、ものすごくアグレッシブなサッカーで、観てて興奮しました。それほどの積極性はないものの、コートジボワールもポルトガルも、慎重ながらもいつでも隙を狙ってやろうという緊迫感が感じられました。

このゲーム前半の特徴は、なんだろう・・・・ラフプレイが多い気がします。小さいファールがたくさん。そういう選手達なんだろうか・・・?と最初は思っていましたが、しばらく観ていると、どうやら「おれが行ってやる!!」とパスだけに頼らずに自分で相手を抜いてやるという姿勢が両チームにあるからなのではないだろうか、と思えてきました。結果、競り合いが多くて、ファールが多くなってるのかな?という印象です。

ポルトガルのクリスチャーノ・ロナウドは個人の技術はもちろん高いですが、コートジボワールのフォワードの選手達も、負けじと自身の技術でゴールを取ってやろうという気持ちが見て取れました。

ところでユニフォーム対決を、ガーナvsセルビア戦は興奮しすぎて忘れ、前回も仕事終わりで疲れて忘れてしまいましたが、今回はちゃんと見てました。

Caiguifh ポルトガル=ナイキ

Ca3j6uzl コートジボワール=プーマ

写真はないのですが、ガーナもプーマでした。アフリカ勢はプーマが多い気がします。そしてプーマらしい、上の写真のような七部丈とか、ひねりの入ったユニフォーム

アルゼンチンのメッシはユニフォームもシューズも両方アディダスで、クリスチャーノ・ロナウドは全身ナイキ。スター選手はメーカーもがっちり掴もうとしているんでしょうね。

あと気づいたのが、ポルトガルも個人プレイを優先する選手が何人かいて、なんかかっこよくトラップとかかっこよくパスしようとして、結局ミスしちゃう。そこ普通に行けばよかったじゃん!!!

でも後半に入ると両者だいぶ真剣になり、なぜかファールも少なくなり、シュートが行ったり来たりで観てて楽しいです!そして今日本との強化試合で負傷していたコートジボワールのエース、ドログバ選手が後半20分で投入されました。どうなるのか!!!

|

« WC 日本 vs カメルーン | トップページ | WC チリ vs ホンデュラス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204127/48642051

この記事へのトラックバック一覧です: WC コートジボワール vs ポルトガル:

« WC 日本 vs カメルーン | トップページ | WC チリ vs ホンデュラス »