« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月29日 (水)

貼るタイプ

先週から声が枯れて、よくなりかけては授業で喋ってまた声が枯れ、の繰り返しでしたが、今度は咳がひどくなって、夜もなかなか寝れないほどゲホゴホゲホゴホ

前に咳のしすぎで胸のあたりの骨を折ったこともあるので、なるべくソフト咳き込みを心がけていたのですが・・・ついにもう3日も止まらないままです。今朝寝ていたら彼女にたたき起こされて(掛け布団を引っぺがされるアレです)、病院行くのめんどくさいので最初ちょっと「I~YA~~DA~~~~~R SA~~MU~~~WE~~~~」ってダダこねてみましたがなんか気づいたら全身が暖かい服にまとわれていたので仕方なく家を出ました。

家の近くのクリニックへ。徒歩40秒でもめんどくさいくらい元気がない。初めてだったんですがクリニックの人も薬局の人もすごくやさしかったです。

お医者さんに症状を説明した後、お薬を数種類処方してくれたんですが、その一つに貼るタイプの薬が。

医者:「こういうの使い方わかります?」

僕:「あ ちょっと見たことないでs」

医者:「ウンヨォォォシ!これはね、・・・・」

とかぶり気味に待ってましたかというように張り切って使い方を説明してくれました。息をするときに気管を広めてくれる働きのようです。

まだ咳は出ますが、夜用に強力な咳止めをもらったので、よく寝れるといいな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

クリスマス気分

うちの会社は日本の休日もしっかり休むのに、クリスマスイブの日は営業時間が短め、そしてクリスマスの日は完全に休みです。もう5日フルに働く週も先週で最後だったので、すでに脳内はホリデイ気分です。

先日家に帰ると郵便局から小包が届いていたというお知らせが。妹がニューヨークからなにか送ってくれたようです。今朝再配達してもらうと、小包とはとても呼べない、コンピュータが梱包されてるんですか?ぐらいの箱が届きました。

数日前に妹からメールで「小包が届くと思うけど、クリスマスまで開けちゃダメだからね!あと届いたら確認のメール送ってね!じゃ!」みたいなメッセージをもらってました。ニューヨークから国際便で送っているのできっとちゃんと届くか不安なんでしょう。今朝また「届いたら教えてね!」と念を押すメールをいただいたので、いざ届いた時、「あっ届いたよって知らせてお礼言わないとな!」と思って、「クリスマスまで開けちゃダメYO」の部分をコンプリートリーに失念してしまってですね。

ビリビリビリビリー!おおっ!!すげぇいっぱいプレゼント入ってる!!!

101222_003318

これはお礼言わないと!

とさっそくメールでお礼を言ったら即返事が帰ってきて、

クリスマスまで開けんなっつっただろコラァァァァァァ!!!!」

って怒られました☆

妹とその婚約者さんからの贈り物で、僕と僕の彼女宛にたくさんプレゼントくれました。彼女宛のはまだ開けてないからクリスマスに開けるわ!

これはちょっとお返ししないとな。クリスマスの次のチャンスは・・・・妹の誕生日だな!もうすぐだもの!2月初旬!今からなに贈るか考えとこう!2月初旬に向けて!決して正確な誕生日がわからないとかそういうんじゃないですけどね!決してどうせニューヨークに小包送ったら数日ずれててもしょうがないしねとかポジティブなこと考えてませんけどね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

そっちの方は期待しないで

最近楽天やファストリテーリング等の企業が社内言語を英語に改めたため、これらの会社の社員だけではなく、日本の社会人全体の英語能力が足りないことへの危機感が高まりました。ベルリッツでは企業契約の顧客が著しく増えています。

これはさらに別の顧客層にも影響がありました。

大学生です。

最近会社員の生徒さんの数が増えているのと同時に、大学生の生徒さんの数も増えています。

僕は入学を考えている生徒さんの現段階のレベルを見て、仕事でどのように英語を使わないといけないのか、仕事のためでないならなぜ英会話を練習したいのかを聞いたり、どのようなレッスンを受けたいのかを相談する役割を任されているのですが、もちろん大学生が来れば大学生と同じことをします。どうやら将来働ける企業の幅を広げるためにも今のうちから英語を喋るのに慣れていきたいとのこと。・・・えらい。高いTOEICスコアは就活には大事かもしれませんが、いざ働き出したらスコアだけよくて実際喋れないと話にならないし、外資企業なら面接の時点で一発でどのくらい喋れるかわかっちゃいますからね。だから今のうちから会話の練習をしようと!えらすぎる!

男女共に最近大学生が多いのですが、一つ興味深い傾向に気づきました。

統計的にベルリッツの門を叩く女子の方が男子より喋る能力に関しては上です。これは大して驚きはしませんが、おもしろいのが、男子大学生は10段階で、レベル2であることが非常に多く、女子はほぼ必ずレベル3以上で、バラバラ。3だったり4だったり6だったり。でも男子はほとんどレベル2。完全なビギナーでもないけど、中級者でもない。大学受験のためにもちゃんと勉強はしたけど、喋る機会はなかったのでこうなったのではないでしょうか。女子の方が若い頃から喋る意欲が多めなんでしょうか。

ベルリッツにはプライベートレッスンと少人数グループレッスンがあるのですが、グループは近いレベルの人が他に申し込んでいないと新しいグループがなかなか作れません。ちょうど近いレベルの人が同時期に申し込んだ際、新たにグループを作るのですが、そうでない場合はまだ人数が二人だけの既存のグループに、上限である三人目として入っていただくことになっています。大学生はプライベートレッスンに比べ値段が低めの少人数グループで申し込む場合が多いのですが、男子はほぼみんなレベルが同じ2なので、グループが組みやすいのです。

先週も新しい男子大学生が来て、レベル2だったので、「ああちょうど大学生だけのレベル2のグループがありますよ。」って話になりました。・・・・・全員男子だけどね

・・・・・ハッ!!!これ男子は女子と一緒のグループになってなんかイイ感じになるとかそういう展開一切望めないじゃないか!!!!!!!!!!

ああぁっ・・・・なんか申し訳ない!!!すまん・・・すまんが現段階のキミの会話力では・・・・女子がいるレベル4のグループに入れてあげることができないんだ!!!!!!!!だがワタシがキミのグループに教師として当たった時には必ず、必ず!!!!女子がいるグループに一刻も早く入れるように道を示すから!!!!

と本人の知らないところで闘志を燃やしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »